• ルーキー座談会

    活躍する若手社員

入社1年目社員 本音を語る

郡山塗装の仕事は、ただの塗装業だけではありません。社名はガチガチのペンキ屋さん??のイメージですが公共建築物や住宅など、多くの建築物の塗装工事を中心に、外壁総合改修工事や総合リフォームを行うことで、お客様に喜んでいただける事業をしています。 また当社は、総合仕上工事業という聞きなれないジャンルの事業をこれまでに創り上げてきました。 特に建築関連では、数少ない成長業種である「住宅リモデル業」をはじめ、建物のリニューアルに専門特化することで、県内のトップランナーのポジションで事業を展開していす。歴史のある会社ですが、決して古い体質の会社ではなく、しいて言えば常に新しいことに目を向け、チャレンジ精神旺盛な『老舗ベンチャー』のような会社です。
このような仕事をしながら、私たちは 地域に愛される企業である事を命題とし、堅実経営のもとで事業が拡大しています。

ルーキー座談会メンバー。
紅一点は先輩社員の大竹さん。

いま、どんな仕事をしていますか?

  • ●沼崎

    事業推進部で公共施設に関する工事に携わっています。現場での施工・安全に関する管理や書類の作成を行っています。

    ●有賀

    技術監理部で県や市の工事をしています。各現場に行って、職人さんに仕事の指示を出したり、写真を撮ったり、書類を作成したりしています。

    ●梅宮

    リモデル事業部で一般のお客様の工事に一貫して携わっています。依頼を受けて、家を調査し、見積りを提出します。契約後は現場管理を行います。

    ●金子

    私は技術職です。毎日現場で先輩達にいろんな技術を教わっています。塗装といっても奥が深く、沢山の技術が必要だと改めて実感しています。

    ●植田

    私も技術職です。一つ一つ技術を確実に身につけ、1日でも早く技能士の資格がとれるよう、頑張っています。

  • 事業推進部沼崎 雅樹福島大学(人文社会学群)

    「仕事は人を喜ばせること」という社長の考えに共感しました。仕事のオン・オフがしっかりしていて、とてもいい雰囲気です。趣味は漫画、アニメ、サイクリング、スポーツ、ドライブ等。

    技術監理部有賀 秀敏日本大学(工学部 土木工学科)

    社員が輝けば企業が輝くという社員思いの社長にひかれました。後輩に慕われる先輩になることが目標です。趣味はゴルフ。

郡山塗装に就職しようと思った決め手は何ですか?

  • ●沼崎

    会社説明会で聞いた「仕事は人を喜ばせること」という社長の考えに共感したことが決め手となりました。

    ●植田

    最初の訪問時に社長と面接をしていただきました。そのとき意気投合してしまい、社長からうちでやってみないかと言われましたので、是非にという気持ちになりました。

    ●金子

    私はもともと現場の仕事をしたいと思っていました。合同企業説明会でたまたま郡山塗装の話を聞いてみて、塗装をやってみようと決めました。

    ●梅宮

    私が会社の説明会に参加したときに驚いたのは、社長自ら話してくれたということです。普通は人事担当の人が説明しますよね。社長の熱意やビジョンを直に聞くことができました。社長から「社員がいてこその会社だ」という言葉を聞いて、この会社で、この環境で頑張っていきたいと思い、入社を決めました。

    ●有賀

    合同企業説明会の郡山塗装のブースで社長の話を聞いたことが入社の決め手になりました。熱く夢を語る社長にひかれました。

  • リモデル事業部梅宮 康平日本大学(工学部 電気電子工学科)

    明るい社風です。一般のお客様に近い位置で営業・現場管理できることに面白みを感じています。趣味はスポーツ。

    工事部植田 祥太上武大学(スポーツ健康マネジメント学科)

    学生時代は運動を続けていましたので、体を動かす仕事に就ければと思っていたところ、工事部に配属され自分の良さを活かすことができています。趣味は読書、ゲーム。

入社してみて、イメージ通りでしたか?
とまどいや、ギャップはありましたか?

  • ●梅宮

    工事は塗装することだけと思っていたのですが、工事に携わってみると、付帯工事も発生しますので、塗装だけではなく住宅に関する幅広い知識の必要性を感じました。

    ●沼崎

    最初4カ月の研修があり、現場にも行ったのですが、塗装には想像以上の技術が必要なのだなと驚きました。また、書類もいざ自分で作成するとなると、当然ですがさまざまなことを考慮しなければならないので、難しくて途方に暮れたこともあります。

  • 工事部金子 優東日本国際大学(経済経営学科)

    新しいことにどんどんチャレンジしていく社長です。先輩方に恵まれています。いい人たちばっかりで、話しやすいし、わからないことを聞きやすい雰囲気です。趣味は体を動かすこと。

楽しんで仕事をしていますか?
どんなところが楽しいですか?

●植田

楽しいですね。一から手掛けた現場が完成した時、作業を担当した部分がキレイに仕上がった時、仕事の楽しさを感じます。

●金子

どんどん仕事の知識を身につけていって、自分の成長を感じることがうれしいですね。

目標にしたい先輩はいますか?

●梅宮

同じリモデル事業部の郷右近さんを目標にしています。生産性が高い仕事をされる方で、私も先輩のように効率的な営業ができれば成長していけるのかなと思います。

●金子

橋本憲さんを目標にしています。しっかりとした指示を出していることや常に先のことを考えて仕事をしている姿を尊敬しています。

社長との記憶に残っているエピソードがあれば教えてください

●植田

私は陸上競技をやっていました。面接時に社長から「部活をやっている?」と聞かれました。社長も学生時代スポーツをやっていて上をめざして頑張ったそうです。いまはステージを変えて、ビジネスの分野で日本一をめざしていると言われました。私も部活で日本一をめざしていたので、社長の話にとても共感しました。

●沼崎

現場のパトロールの終了時に反省会をかねた食事会がありました。社長から「最近、仕事の調子はどう。何か意見はない?」と尋ねられました。私が自分の思うところを言うと「お前、それいいだろう、ちゃんと上に言わないとだめだぞ」と新入社員の意見をくんでくれました。親身になって社員の話を聞いてくれるのがすごいなと思いました。

2年目の自分は、どうなるといいですか?
どうなりたいですか?

●梅宮

これから売上を伸ばしていくためにも、自分でこなせる案件数を増やせるように、スピード感のある仕事ができるようにしていきたいです。

●有賀

後輩が困っていたときに気軽に聞かれやすい環境をつくっていければ。自分の帰りが遅くなっても仲間を助けることができる社員になりたいですね。

郡山塗装に入社してよかったなと思うことは?

●沼崎

優しい先輩や上司に囲まれたフレンドリーな職場です。自分が担当した現場を完成させたときの達成感はなんともいえないですね。

●有賀

先輩方に恵まれているなと思います。助けてくれる、手伝ってくれる先輩が多いなと思いました。

●梅宮

私も有賀君と同じですね。先輩が何でも教えてくれるので仕事が覚えやすく、職場にも慣れやすいです。

●金子

同じですね。先輩がいい人たちばっかりで話しやすいし聞きやすいですね。

●植田

私はずっとスポーツをしていたので体を動かす仕事を希望していました。工事部で職人として働いているのですが、体力をつける練習をしてきた学生時代の経験が活かせています。

先輩からのアドバイス

リモデル事業部大竹 なつみ

 私は、入社4年目になります。仕事ですからいろいろなことがありましたが、先輩たちに助けられて働き続けることができたと思います。この会社に入ってよかったことは、仕事仲間と職場環境に恵まれたことです。皆さんと同じですね。 入社1年目、2年目は、まだまだ新人です。わからないことは積極的に先輩たちに聞いてください。不明点がクリアされると、仕事が進み毎日が楽しくなります。皆さんがこれから入ってくる新入社員にとって良き先輩になられることを期待しています。